アナフィラキシーショック〜一分一秒を争う、急性アレルギーショックの原因と対処法〜

 

アナフィラキシーショック

 

急性アレルギーショックとも呼ばれています。
アレルギー症状の中で最も重度なアレルギー症状一つとされています。

 

一度、アレルゲンを取り込んで人体に抗体が出来た人が、
再度、同じアレルゲンを取り込んだ時に発症する、
急性、且つ、全身性のアレルギー反応の事を指します。

 

 

特徴としては、全身、呼吸器系、循環器系、消化器系、神経系、皮膚系
といった各人体器官に対して、短い時間で症状が出るのが特徴です。

 

例えば以下の様な症状です。

 

  • 無力感、不安感
  • 息切れ、呼吸困難、咳、くしゃみ
  • 動機、血圧低下、脈拍増加
  • 吐き気、腹痛、下痢、失禁
  • 意識障害、めまい、しびれ、痙攣、耳鳴り
  • じんましん、痒み、腫れ(唇、舌、口腔内、まぶた)

 

上記が数分〜数時間の間に発症します。

 

このアナフィラキシーショックによって、
血液の低下、呼吸器の異常、意識障害を起こし、
状況によっては、ご自身の命を脅かす危険性があります。

 

アナフィラキシーは、異物が何度も体内に入り込むことで、
人体の免疫システムが過敏になり、人体が過剰反応する症状です。

 

「蜂に2度刺されると死ぬ」という逸話がありますが、
これはハチ毒アレルギーによるアナフィラキシーショックが元になっています。

 

ハチ毒の量が1度目と同じであっても、
2度目はさらに1度目以上の過剰反応を起こしてしまう事で、
呼吸困難や息切れなどの症状を起こし、最悪死に至ります。

 

1度目に抗体ができることで、
2度目以降は毒物に対して耐性が出来るというわけではなく、
逆に抗体が出来てしまうことで、僅かなアレルゲンであっても、
人体の免疫システムが更に過剰反応するようになり、
アナフィラキシーショックを引き起こします。

 

アナフィラキシーショックは色々とありますが、
一般的には以下が要因で発症します。

 

  • 薬物
  • 昆虫
  • 特定の食品
  • 注射

 

発症するメカニズムとしては以下になります。

 

  1. アレルゲン(食品、虫さされなど)を摂取
  2. 人体にてヒスタミンなどの化学物質が放出
  3. ※ヒスタミン=アレルギーの原因となる物質

  4. 血管が拡張する
  5. 気道が狭くなる
  6. 血管が拡張して血圧が低下する
  7. 肺の気道が縮み、喘鳴(ぜんめい)を引き起こす
  8. 血管壁から体液が漏れ始める
  9. 心臓が血液を送り出せなくなる

 

 

ここまで読んで頂ければ、お分かりかと思いますが、
アナフィラキシーショックは非常に危険な症状です。

 

アナフィラキシーの対処法としては、
「予防」することが一番の対処法になります。

 

自身の過去のアレルギー疾患の履歴や、
薬物の反応性などを十分に理解しておく事が必要になってきます。

 

また、万が一アナフィラキシー症状が発症した場合は、
即座に救急車を呼び、仰向けで寝かせ、足を高くして楽な姿勢にします。

 

また可能であれば、エピペンという、
アナフィラキシーを緩和する薬剤を打つ必要がありますので、
もし自分にアナフィラキシー症状が発症したら、
即座に対処できるような体制をつくるなど、周囲の人達の協力や理解が必要になります。

 

アナフィラキシーの治療は一分一秒を争います。

 

自己管理して、予防をすることに越したことはないのですが、
万が一、発症した事を考え、一連の行動手順を明確にし、
信頼の置ける人に伝えておくのもひとつの手段でもあります。

 

 


関連ページ

「お茶」でアレルギーを改善する
アレルギーを改善する方法は色々とありますが、今回紹介するのは、「お茶を飲むことでアレルギーを改善する」という方法です。
漢方薬でアレルギーを改善する
アレルギー改善の方法は多々ありますが、今回は漢方薬を使ったアレルギー改善の方法をお伝えしたいと思います。
「マクロビ」でアレルギーが改善するのをまだ知らないの?
対処療法でアレルギー症状を抑えながら、マクロビを使った身体の中から根本的に改善していくという、 両方の視点でアレルギーを改善してくというのも一つの手段かと思います。
ヨーグルトの摂取でアレルギーを改善する?
処方薬では、アレルギーが一時的に回復するだけだという場合は、ヨーグルトの摂取による、体質自体を根本的に変えていく方法を、視野に入れてみるのも一つの方法かと思います。
スキンケアの方法次第でアレルギー症状がみるみる緩和する
アレルギー症状が緩和するスキンケアの方法をお伝えします。
アレルギー体質改善の秘策は睡眠にあり!
睡眠とアレルギー体質改善の深い関係について、お伝えします。
食事の見直しでアレルギー体質を改善する
食事内容を見直すことで、アレルギー体質を改善する方法をお伝えします。
体力をつけるとアレルギー体質改善に役立つ
体力アップとアレルギー体質改善との関係についてお伝えします。
眠っている間の痒みの原因は布団?
眠っている間のアレルギーやアトピーの痒みの原因は、もしかすると布団かもしれません。
肌に触れている洋服がアレルギー悪化の原因!?
アレルギー悪化の原因になる洋服や下着についてお伝えします。
「ヨガ」でアレルギーを改善する
ヨガには様々な効果効能が期待できます。その一つにアレルギーがあるとしたらどうしますか?
れんこんの摂取でアレルギーを解消する!
お正月に食べられる縁起の良い食べ物として知られているレンコンですが、アレルギー改善に役立つことを知っていましたか?
玄米食でアレルギー改善しない? むしろ悪化する?
良いとされる玄米ですが、アトピーや、喘息、花粉症などのアレルギー性疾患を抱えている方にとっては、かえって免疫力を下げてしまう「敵」とも呼べるほどの避けるべき食物になります。
糖質制限によるアレルギー改善方法
糖質制限トを始めたら、長年悩んでいたアレルギー症状が解消、もしくは改善されたという声が多々あります。
断食でアレルギー体質を根本的に改善させる
断食療法(ファスティング)でアレルギーを根本的に改善させる方法について綴ります。
アレルギーとアトピーはどう違う?
アトピーとアレルギーは表面に出てくる症状としては部分的に似ているものもありますが、中身は全く違うものとしてとらえた方が理解しやすいです。
アルコールアレルギー〜日本人の50%がかかっているアレルギー症状〜
日本人の50%がかかっているアレルギー症状であるアルコールアレルギーについて綴ります。
鶏卵アレルギーは危険な状態を引き起こす
アレルギーを改善、解消するための情報を記します。
お風呂に入るとアトピーが痒くなるのはなぜ?
お風呂は大好きなんだけど、アトピーが痒くなる!どうしたらいいんだろ?そんなお悩みをお持ちの方はおりませんか?
アトピーの主な原因は『活性酸素』だった!
ストレス、遺伝性の体質、アレルゲンなど様々な要因が複雑に重なり合って発症するアトピー性皮膚炎ですが、主な発症の原因は「活性酸素」でした。
アトピーにプールはOK?NG?プール対策どうする?
アトピーの場合、プールに入っても大丈夫なのか?プール対策はどうするのか?の疑問にお答えします。
アトピー改善のカギを握る『ポリアミン』とは?
ポリアミンは、炎症を抑え、免疫機能を調節し、アレルギーの症状を緩和する働きがあることが知られています。
知っているようで知らない言葉『アトピー素因』って何?
もしかしてアトピーかも?と思ったときに気になる言葉が「アトピー素因」。アトピー素因とは何なのか、少し詳しく知っておきましょう。