アルコールアレルギー〜日本人の50%がかかっているアレルギー症状〜

アルコールアレルギー(アルコール過敏症)

 

アレルギーとは、あるもの(食べ物、飲み物、物質(金属など))に対して、
人体が過敏に反応するものを言います。

 

今回は、アルコールに対するアレルギー症状についてお伝えいたします。

 

「アルコールアレルギー」とは、文字通り、
酒類を飲むことでアレルギー反応を起こす症状です。

 

また、飲酒以外にも、注射の時に消毒用アルコールを
肌に塗っただけでも、肌が赤くなってしまうといった、
アレルギー反応を起こしてしまうのがアルコールアレルギーです。

 

アジア系のモンゴロイド人種(日本人、中国人など)に関しては、
遺伝的にアルコールを分解する酵素である、
ALDH2(アルデヒド脱水素酵素)が少ない、もしくは存在していない為、
アルコールに対して、アレルギー症状を発症します。

 

日本に限定しますと、日本人の約半分が
アルコールアレルギーに該当すると言われており、
日本人の多くにお酒を飲めない人がいるのは、
前述したALDH2が少ない、もしくは存在していないのが原因になります。

 

ALDH2が存在しない、もしくは少ない方がアルコールを摂取すると、
人体は、体内に異物が侵入してきたと判断し、過剰に反応します。

 

具体的には以下の様な症状が発症します。

 

  • 体の痒み、かぶれ、湿疹などが出る
  • 下痢、嘔吐を繰り返す
  • アルコールに触れた部分が腫れ上がる
  • 喘息を引き起こす
  • 二日酔いになる(なりやすい)

 

このような症状が起きる理由としては、
アルコールを人体で代謝した時に出来る、
「アセトアルデヒド」という毒性の高い物質の分解速度が遅いためです。

 

前述したALDH2(アルデヒド脱水素酵素)が、
この「アセトアルデヒド」を分解するのですが、
ALDH2が体内に存在していない、少ない場合、
お酒を飲めば飲むほど、アセトアルデヒドが蓄積されていきます。

 

いわば毒物が身体の中に溜まっていくのと同義でもあります。

 

 

アルコールアレルギーは、遺伝的なものが強いのですが、
ある時、突然発症することもあります。

 

事例では、20代、30代の頃は、何杯お酒を飲んでも平気だったのに、
ある時、突然、お酒に弱くなった。お酒を飲んだら全身が痒くなった。
次の日下痢になった。二日酔いがひどくなった。
一滴でも飲んだら気持ち悪くなり、一切飲めなくなった。

 

という方がいらっしゃいます。

 

何故このような症状が突然発症するのかと言いますと、
アレルギーというのは身体に蓄積されていく為です。

 

そのため、ある一定段階を超えた時点で、
身体の許容量を越えて突然発症します。

 

加えて、一度発症したら、他のアレルギー
(動物、金属、洗剤、紫外線、薬物、卵、魚 etc...)も併発し始めます。

 

これは、前述したとおり、身体に蓄積されていた
アレルギーが限界値を超えたためです。

 

 

では、このような症状を回避するにはどうすればいいのでしょうか?

 

アルコールアレルギーの対処法は以下になります。

 

  • お酒を飲まないこと
  • 「アルコール」を含む製品の使用、摂取をしないこと

 

非常に当たり前の事なのですが、やはりこれが一番最適な方法です。

 

お酒を飲まないことに関しては、飲み会の席でお酒を薦められても、
「アルコールアレルギーです。」としっかりと伝えて断る事が必要です。

 

断りきれずに無理して飲んでしまい、
最悪、アナフィラキシーショックを起こして死んでしまう
というリスクを考えれば、しっかり断るという事が最適な方法だと言えます。

 

ただ、後者の『「アルコール」を含む食品の摂取をしないこと。』
に関しては少し難しいかも知れません。

 

アルコールが入ったお菓子、食物、製品(化粧品など)に注意が必要だからです。
食事に関しては、外食の際は事前に店員さんに確認したり、
購入の際は成分表を確認するなどの対応が必要になります。

 

 

アルコールアレルギーは、お酒が好きな人にとっては、
なかなか理解されにくい症状です。

 

あなたがアルコールアレルギーの場合は、
しっかりと自身の症状を相手に伝えて、
認知してもらうように努める事が最善の方法になります。

 

 


関連ページ

「お茶」でアレルギーを改善する
アレルギーを改善する方法は色々とありますが、今回紹介するのは、「お茶を飲むことでアレルギーを改善する」という方法です。
漢方薬でアレルギーを改善する
アレルギー改善の方法は多々ありますが、今回は漢方薬を使ったアレルギー改善の方法をお伝えしたいと思います。
「マクロビ」でアレルギーが改善するのをまだ知らないの?
対処療法でアレルギー症状を抑えながら、マクロビを使った身体の中から根本的に改善していくという、 両方の視点でアレルギーを改善してくというのも一つの手段かと思います。
ヨーグルトの摂取でアレルギーを改善する?
処方薬では、アレルギーが一時的に回復するだけだという場合は、ヨーグルトの摂取による、体質自体を根本的に変えていく方法を、視野に入れてみるのも一つの方法かと思います。
スキンケアの方法次第でアレルギー症状がみるみる緩和する
アレルギー症状が緩和するスキンケアの方法をお伝えします。
アレルギー体質改善の秘策は睡眠にあり!
睡眠とアレルギー体質改善の深い関係について、お伝えします。
食事の見直しでアレルギー体質を改善する
食事内容を見直すことで、アレルギー体質を改善する方法をお伝えします。
体力をつけるとアレルギー体質改善に役立つ
体力アップとアレルギー体質改善との関係についてお伝えします。
眠っている間の痒みの原因は布団?
眠っている間のアレルギーやアトピーの痒みの原因は、もしかすると布団かもしれません。
肌に触れている洋服がアレルギー悪化の原因!?
アレルギー悪化の原因になる洋服や下着についてお伝えします。
「ヨガ」でアレルギーを改善する
ヨガには様々な効果効能が期待できます。その一つにアレルギーがあるとしたらどうしますか?
れんこんの摂取でアレルギーを解消する!
お正月に食べられる縁起の良い食べ物として知られているレンコンですが、アレルギー改善に役立つことを知っていましたか?
玄米食でアレルギー改善しない? むしろ悪化する?
良いとされる玄米ですが、アトピーや、喘息、花粉症などのアレルギー性疾患を抱えている方にとっては、かえって免疫力を下げてしまう「敵」とも呼べるほどの避けるべき食物になります。
糖質制限によるアレルギー改善方法
糖質制限トを始めたら、長年悩んでいたアレルギー症状が解消、もしくは改善されたという声が多々あります。
断食でアレルギー体質を根本的に改善させる
断食療法(ファスティング)でアレルギーを根本的に改善させる方法について綴ります。
アナフィラキシーショックの原因と対処法
一分一秒を争う、急性アレルギーショックの原因と対処法について説明します。
アレルギーとアトピーはどう違う?
アトピーとアレルギーは表面に出てくる症状としては部分的に似ているものもありますが、中身は全く違うものとしてとらえた方が理解しやすいです。
鶏卵アレルギーは危険な状態を引き起こす
アレルギーを改善、解消するための情報を記します。
お風呂に入るとアトピーが痒くなるのはなぜ?
お風呂は大好きなんだけど、アトピーが痒くなる!どうしたらいいんだろ?そんなお悩みをお持ちの方はおりませんか?
アトピーの主な原因は『活性酸素』だった!
ストレス、遺伝性の体質、アレルゲンなど様々な要因が複雑に重なり合って発症するアトピー性皮膚炎ですが、主な発症の原因は「活性酸素」でした。
アトピーにプールはOK?NG?プール対策どうする?
アトピーの場合、プールに入っても大丈夫なのか?プール対策はどうするのか?の疑問にお答えします。
アトピー改善のカギを握る『ポリアミン』とは?
ポリアミンは、炎症を抑え、免疫機能を調節し、アレルギーの症状を緩和する働きがあることが知られています。
知っているようで知らない言葉『アトピー素因』って何?
もしかしてアトピーかも?と思ったときに気になる言葉が「アトピー素因」。アトピー素因とは何なのか、少し詳しく知っておきましょう。